大航海時代Online Astraios鯖で日々ウロウロ
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/03/31(水)00:13
べ、べつに特典が欲しくて買ったんじゃないんだからねっ!!


まぁ、本当にそれ目当てじゃなくてFS造船の強化でつくスキルの
パーツの組み合わせが知りたかっただけなんですが。

その点においては収穫はありますね。

まぁ、新要素のついてユーザー側からは分かりえないことが書いてあるので
1800円の価値はあるかな。


ただ、そのうちwikiに書かれる事だろうから情報だけ欲しいというならば
待ってればいいんじゃないかな?


※以下愚痴注意。


[ねんがんのプレイヤーズをてにいれたぞ!]の続きを読む
スポンサーサイト
2010/03/21(日)12:16
最近更新ネタがないのは冒険クエと沈没船ばっかりだからですっ!!


移動ばっかりだけど、ネタになりづらいくらいにインド貿易船ばっかりなので
本当辟易しますな・・・

おかげで小銭は溜まるけどw



そんなこんなで残り発見物があと30個くらいなのですが、沈没船関係が2つ、EU圏が3つで
残りは全部長距離クエなんですよね・・・  (´A`)ウヴァー

長距離といってもジャカルタ→オーストラリアが大半なので、
本当に長距離なのかは若干疑問が残るところなのですがw


しかも倦厭しているのは距離ではなくってアイテムが手に入ることなんですよねぇ・・・

上で言った未発見物EU圏3つはティソナとコラーダ関連なんですが、
もらっても邪魔なので困るのですよ・・・

でも、やらないと発見物コンプにならないので、なんとかやりくりして倉庫あけるかな・・・



さてさて前置きが長くなったけど本題


[モードデザイン集・第6巻]の続きを読む
2010/03/15(月)23:44
ハイレディン様が見ている

目つきの悪い人に見られているきがする・・・
2010/03/13(土)19:12
薬剤師転職クエ



この薬剤師転職クエなんですが、

生かすではなく、活かすじゃないかね?
誤植かね?

IMEの説明には生かす=活かすとかいてあるけれども、語の持つ意味から考えると

知識と経験を『活用する』だから、活かすの方が
しっくりこないかえ?


まぁ、手持ちの辞書だと別になってたので突付いてみましたが、


本題はそこじゃーねーだよ。



※以下結構愚痴が多いので閲覧注意!!
[知識と経験を生かす配送]の続きを読む
2010/03/10(水)21:07
商会員に誘われてポルトベロで陸戦上げに行くついでに、
戦闘だけでも終らしておこうと受けたソロモンの鍵のクエなのですが

アルの時はまだガレアスが出始めの頃で、50分位かけて機雷で倒した苦い記憶があり
倦厭していたのですが、

先制攻撃やら特殊船尾楼なんかあるので意外と白兵でもやれるのかも?

と、思って行ってきたのですが・・・



[謎の人物の挑戦状2]の続きを読む
2010/03/04(木)19:36
タルワールは16世紀のインドで生まれた片刃の曲刀です。

握りの中央部は膨らんでおり握り易くしてあり、ナックルガードを備えてる物もあります。
ポメル(柄頭)が独特で皿状になっていて他のインドの刀剣の流れを汲んでいるのがわかります。

また、ポメルにライオンの頭をあしらったり、刀身に象嵌が施された優雅なものも存在し、
王侯貴族にも深く浸透した刀剣といえます。

またキヨン(鍔)とグリップ(握り)が一体化しており、これをパンジャブ様式といいます。


タルワールはトルコ、ペルシャ、モンゴルなどにも広まり曲刀の祖形の一種とされています。
カーブした刀身はモンゴル風とも呼ばれる事がありますが、過度に湾曲したタルワールは
「テグハ」と呼ばれ蔑視されていました。

17世紀になるとこれらの過度に湾曲したタルワールはインド・ペルシャでしか見られなくなりました。
(インド風とペルシア風が違うのはインド風は鍔の上部、つまり刃の根元の部分には刃がないところにあります。)


そして何よりもこの刀剣が有名になっているのはウーツ鋼でつくられていたからです。
つまりダマスクスソードなわけです。

ダマスクス鋼とウーツ鋼は製法の文献が残っていないので諸説あるのですが、
専門家でもないし言及するのが面倒なのでダマスクス鋼=ウーツ鋼と考えてもらってよいかと
(どちらとも表面に複雑な縞模様が顕れるのが特徴なわけだしね。)


まぁここからわかる事があるとすれば、アラブ・インド圏のほうが優れた鋳造技術・製鉄技術
を持っていたということかな。





そして毎回思うことが刀剣の扱いがかなりいい加減なDOL!!

レシピ的には
シミター → カラベラ → カタール → タルワール と強化していくけれども


シミター(=シャムシール):ペルシャ起源の『ライオンの尻尾』を意味する曲刀。
                  サーベルの起源になったといわれ、存在はタルワールより古い。
カラベラ :タルワールを元に使いやすく改良されたオスマントルコの刀剣
カタール :アレクサンドロス大王の遠征の頃から使われていたインドの短剣


カラベラとカタールの扱いが完璧におかしい。


タルワール→カラベラ と強化できるなら納得だし、ここからサーベルが出来るなら
刀剣の歴史に当てはまるのだが・・・
(またはシミターからの派生でサーベル。)


まぁ、DOLッテソウイウゲームジャナイヨネ

[ウーツ鋼とインドのサーベル]の続きを読む
プロフィール

albrechtdurer

Author:albrechtdurer
大航海時代Online Astraios鯖でのんびりまったりドMな生活をしていますw

ゲーム内の物をモチーフにしたシルバーアクセサリーを作ったりもします。(かなり稀なので期待はしないでw)

レザークラフトもはじめました。ってか最近こっちがメイン。

コメントする際にはスパム対策のためにhttp://やメールアドレスなどの文字列はNGワードなっておりますのでご注意ください。

またこちらの判断でスパムや不快なコメントと認識した場合削除する事もすることがあるのでご了承ください。

大航海時代 Online著作物利用規約

 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。 (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.  

最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
 | ニュルンベルグの芸術家 ZweiTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。