大航海時代Online Astraios鯖で日々ウロウロ
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/02/26(日)19:15
とりあえず溜まっていた収奪関連武具強化の記事は放出しました。

5~6個一気に仕上げなきゃいけなくて書くのも面倒だったのですが、
記録の一部として残しておくのも悪くないかなと思ってがんばりました。


収奪も強化もエンドコンテンツ的なものでしたが大学によるSPSが出てから
圧縮され普通のコンテンツの中に内包される形になってるのかなと。

もうちょっと伸び代をあるようにしていいとは思うのですが、
どうもそこまで手が回ってない印象ですね。
そこがどう変わっていくかが見のもだったり。


あ、これからは多分通常通り週1位のペースになると思いますw
スポンサーサイト
2012/02/26(日)14:38
散発的にチラチラ書いていましたが、このメモリアルはまぁ面倒ですw

しかも、強奪確率上昇Ⅰ&Ⅱが実装された後のやる人も増え一過性とはいえ競合が多いので、狩場が大変な事になってますね。

自分としても仲良くやって欲しいものなんですが、
なぜかレアハントだけはそういった空気にならないんですよねぇ。

個人的には自分の沸かせたレアでも一言声をかけてくれれば
一緒にやるのは全然OKなんですがね。(実際カルルスェヴニはそうでしたし)


まぁ、そんな事はおいて置くとして。
ヴァイキング鎧メモリアルは考えてみると奇襲による収奪が4種(or3種)もあるので、
そこまでは順調だし、いけるんじゃないの? と思いますよね。

その心を砕くのが侠気のカルルスェヴニの鎧烈婦のフレイディスの鎧の2つですね。
両者ともレアPOPなので沸かすまでが非常に大変なのです・・・
(POP率は カルルスェヴニ>>フレイディス かなぁ・・・)

まぁ、ある意味それを最初に乗り越えてしまえば後は楽なもんです。
私自身も、カルルスェヴニが埋まった頃から本気でやろうと思いましたしねw

[ヴァイキングの英雄]の続きを読む
2012/02/25(土)10:16
武具強化がすべて終わった日アルのほうをカイロからロンドンに移動させておこうかなー、
と思ってとりあえずアルジェまで委任回航していたんですが、
チュニスを通過した当たりで違和感を覚えましてね。

あれ、重キャラベルの敵なんていたっけか?




・・・・・




うあああああああああ、トリポリ商船隊じゃないかああ


速攻委任回航を解除して、副官配置を確認し奇襲!


成功っ!

[黒羅沙ドルマン]の続きを読む
2012/02/23(木)21:03
戟グラ


戟(ゲキ)

戟は中国を代表する武器と言っても過言ではない、戈(カ)と矛(ホコ)の利点を併せ持った万能武器です。
西洋にもハルバードがそれにあたりますが、中国は紀元前(商の時代)にこれを完成させているのは驚嘆です。

戟は歩兵、騎兵、戦車問わず広く用いられ、両手で使うものを長戟、
片手で扱えるるものを手戟といいます。

『周礼』の記述よると戟の各パーツの大きさは、槍部分(刺:シー)は13.6cm、
鎌部分(援:ユワン)は215.75cm程度で柄の長さは3.6mまでとなっています。

ただ、周代の記述がこうであって時代によって変わる部分も多いと思います。



さて、追加記述として戈(カ)について述べておきましょう。

戈は商・周代に用いられた武器で主に戦車や騎兵が用いた武器で
小ぶりな諸刃の鎌のような形状をした武器です。

戦車相手に刺す・打ち据えるため、そして徒下の兵を広い範囲で攻撃できるようにつくられており、3人乗りの戦車の左右の兵がそういった使い方で攻撃していた武器をいわれます。

なぜ言われるという表現になるかというと、
中国において戦車は漢代に入る前に廃れてしまったために戦車で用いられていた戈に対する正確な記述がほとんどなく、戈が現代で想像されているものと同じという保証がないのです。
そのために戈の形状についても諸説あります。


とはいえ戟が古くから存在し、戦場ではポピュラーな武器であったことは違いのない事だと思います。

[戟]の続きを読む
2012/02/22(水)19:49
月牙グラ
月牙(ゲツガ)

実に困った武器なのです。
それは、資料が全くない!のですよw

実際月牙というものは方天戟の左右についているような三日月の刃をさすのですが、
このグラフィックはどう見てもそ月牙ではない。

また、同様の三日月型の武器といえば西遊記で沙悟浄のもっている武器
月牙鏟(ゲツガサン 潰れてるかもしれないけど金へん産)
がそれにあたるんだけど、それでもこのグラフィックには月牙がない。

月牙鏟参考画像(中国のサイトです。)

月牙鏟の柄のほうについてる部分がグラに該当する感じなんですが、
これは農耕具のシャベルもしくは鉋から派生したものといわれ、
流石に武器の説明文の月の形とは関係ないので整合性がつきません。

なので、結論としては武器の名前が間違っているか、
月牙鏟だったらグラフィックが間違っているかどちらかだと思います。

ああ、私が間違っている可能性のあるのは大前提としておいてもらえるとありがたいです。

[月牙]の続きを読む
2012/02/20(月)22:10
叉槍グラ

又槍(マタヤリ)ではなく叉槍(サソウ)、または叉(サ)

ニ又、三又に先が分かれた槍で、西洋のトライデント・フォーク同様漁具・農具から武器になったものです。
中国限定でいえば時代によって叉の数の流行り廃りがあり、唐代は三又、明代は二又のものが主流だったみたいです。

上記に書いたトライデントやフォークのように槍の穂先が分かれている武器は世界各地で見られます。
これは穂先の刺突範囲が大きいために命中率が高い、かつ穂先全体が刺されば傷口が大きくなるために殺傷能力が高いなどの利点があるからだと推察できます。

また、ムガル帝国で用いられたドゥ・サンガは穂先がフラムベルクのような波状の刃になっており非常に殺傷能力が高いのものになっていたりします。

そして、徴兵された農民・漁民達に馴染み深く扱い易いという点で、使われやすい武器でもあります。
上記の理由の元にフレイルなんかも脱穀用の農具から発展したものだし、
案外農具が武器に発展した物が多いです。

三又に分かれた叉は主に騎兵が用いたことから馬叉とよばれました。
さらに言えば、両側の穂先が前向きなら文叉、片方が下向きなら武叉と呼ぶそうです。
[叉槍]の続きを読む
2012/02/20(月)21:59
相手の海戦候補地にハンブルグがあったので、
順当にいけばユトランド半島沖と北海orノルウェー海だったんでしょうけど、
どうもポル内でブエノアイレス推奨という不思議なことに・・・

まぁ経緯はしらんことだし、憶測で語るのは失礼な話なのでしませんが、
こちら側とすると物資的にキツイなぁって印象でした。

ただ、個人的にはこういった悪条件ほうが楽しめますし、
物資や立地が最悪の状況で戦っておくと後々の糧になるのである意味歓迎ですけどね。
[ブエノアイレス沖海戦]の続きを読む
2012/02/19(日)15:48
懐剣グラ2

懐剣(かいけん、ふところがたな)


太刀や打刀なんかに目を取られて、忘れられる存在かもしれないけど、
やはり、粧刀なんかと一緒で常に見に着けている護身用の刀なので
それらと同等価値を見出されています。

ほとんどの懐剣は合口拵で、太刀や打刀の使用が難しい狭い空間での利用や
女性の護身用の剣として用いられました。(別名:護り刀)

やはり短刀は常に見に着けている物であるから世界各国みても重要というか
シンボル化している物が多いですね。

そして、そこまで利用頻度も高くないのでそのままの形で
子々孫々へを伝えられる物が多いのも特徴ですね。

常に身近にあり、先祖から伝わっているものであれば
高い価値を見出されるのは必然と言えますね。
武器としては至近距離用もしくは護身用ですが。
[懐剣]の続きを読む
2012/02/16(木)21:43
書いてあるけれども公開できてない記事がたまってたので随分遅れてしまった。
あと6,7本あるんだけれどもうp後とかにとっておこうかなぁw

まぁ、とはいえ今回のヴァイキング鎧メモが揃う時がくるとはなー。
揃うとは思わなかったというのが正直な感想です。

なにせ、奇襲待ち激レアPOP低レベル帯限定奇襲
全てのレアハントの高難易度要素が詰め込まれてるんだもんww

といってもSPSの強襲成功率上昇Ⅰ&Ⅱが出てからガラっと変わりましたけどねっ!
コレによって奇襲の敵や旗付きの敵からの収奪がとても楽になりました。

また元々船員数が少ない船を相手にする時も仕掛けなおす手間が減り時間短縮になりました。


これはアイテム強化技術もそうで、材料を減らすor簡単にするではないし、
失敗率を下げるでもない。
大成功率をあげて、強化値を高くすることで試行回数を減らす=早くできる
って図式だと思います。

レアハントを潰すならばレアPOPの確率や設定されてるアイテムの収奪確率を上げるだろうし(≒レアアイテムの消滅化
武器強化も強化時の失敗率を下げればいい。 でも、それはやってないですよね。
(まだ、やってないというほうが正確かなw)


個人的には追加コンテンツなどで時間を使う事が増えてきたので、
そっちに時間を当てられるように既存のコンテンツの圧縮を図ってる感じがします。

問題は圧縮を図った先がエンドコンテンツ化していたもので、
それをやり終わったらやる事がないよ!! ってことだったりするんじゃないかなぁ。
私自身も「100愚者作ったらもう引退してもいいや」と思ってましたが、
今じゃ100愚者は楽になりましたし、それで引退とかいってもなーって感じですしねw

まぁ、新しい目標に上方修正するのって慣れてないと時間かかるんですよね。
武器強化でいえばパッケレシピの『各種武器強化法』とか新たな目標なんでしょうが、
あれは材料がおかしいのでやる気がないんですよね。
純鉄の板金の消費が5枚じゃねぇ・・・、しかもスタックできない加工鉄材使うし。

今のところ、東アジアの強化物が残っているのでそっちかな。


って話逸れすぎだww
メモリアルアルバム『ヴァイキングの英雄』の事でしたね。
[マレシャルキュイラス(メモリアル褒章)]の続きを読む
2012/02/15(水)21:30
2/12のイベントのために公式での告知が遅れていたようですが、
2/14に1~3回の情報が一気に公開されましたね。

DOL公式

「イベントの後に情報出しますよ~」とか事前に言ってくれれば
いらない気を揉むまずに期待出来たのになぁと

再三言ってるけど、告知関係は本当ヘタだなと。


ま、とりあえず2/22のうp内容を見ていきましょうかね。
[Extra Chapter 7th Anniversary]の続きを読む
2012/02/15(水)21:23
クマ白貂毛ドガリーヌ随分長い間、にされていた服ですね。
うん、これを浪漫に仕立て上げた人は
相当な演出家だと思いますよw

他の服に比べても、職業制限と
微妙なブーストなんで着る人が少ないと
思うし、色合いだってモーニングドレスの
絶妙な黒や蒼ジョーゼットドレスの
鮮やかな蒼なんかに比べれば
そこまで目立つものじゃないんですよね。

まぁ、だから変な話、幻でも困らない
というものではありますね。

でも、私は結構この紫を基調にした色合いが好きだったりしますがw

ただ、惜しむべきは、黒羅沙ドルマン同様
交易所主人やクエスト斡旋NPC(しかも商人クエ・・・) が着ていて全然レア感がない!ということですよね・・・w

そういった意味からこれを収奪する人は
少ないんじゃないかなと。



実際メモリアル対象品や重装、特殊船塗料なんかの実用品の収奪はやる人は増えてきたけど、こういった趣味物の狩場は空いてるしね。
こういったレアは実用バンザイなところと対極的なものですなーと改めて思ったり。

私もどちらかと言えば蒼ジョーゼットドレスの色がすごく好きで、
そこから収奪を始めたのでそういった好事家者だったりはしますねw

もちろん強化レシピなんかほぼ自前で集めたし実用品の収奪もやってるけど、
こういった趣味物の収奪のほうが嬉々としてやってる自分がいるw
[白貂毛ドガリーヌ]の続きを読む
2012/02/14(火)21:11
粧刀グラ2


粧刀(チャンド、ジャンド、チャンドゥ)

簡単にいうと護身刀ですね。 高麗時代に生まれ李氏朝鮮時代に広く広まったもので、
ナイフのように日常の雑務に使われたりもしたりする馴染み深い物だったみたいです。

まぁいわゆる護身刀で、装飾が施されたものなどもあり腰に下げたり懐に入れたりで
貴族の間ではそういったファッション的な意味合いもありました。

ちょっと面白い記述があったのは、粧刀には銀製の箸が付いているものがあって
それで食べ物に毒が入っているかを確かめたという記述があって、銀食器と同じ論理ですね。

銀が酸化・硫化されやすいので硫化物や砒素系の毒物に反応して黒ずむのでわかるというのですが、高濃度でなければそんなにすぐは反応しないし、
そんなに悠長に食べたり、箸で食べ物を触りまくったのかなぁとw

シルバーアクセサリー作るときの燻作業には硫化物を使いますが、
基本的に濃度が高く60度以上のお湯or熱湯を使うのでものの数秒で真っ黒になりますがw



そういえば、これは毎回思うのですが短刀=投げナイフというのは安直だなぁと。

投げナイフは投げて相手に刺さるようにするためにバランスをを非常に重要になります。
なので、全部投げられば投げナイフというのは違います。
ココらへんはダーツとかやる人はわかると思いますが。
[粧刀]の続きを読む
2012/02/13(月)20:27
詳細は後に回しますが、極意・究極レシピを使った強化武器、愚者の両手、強化ブーツ3種。
更に東アジアの武器10種類を強化し終えました。

正直、ここまでの数を達成することが出来るとは思いませんでした。

確かに、SPSが出てから作業時間はかなり減りましたし、
愚者の両手に関しては材料の問題もありましたからそこが楽になったのはあります。

ただ、25種やった人間として強化に関して言わせてもらえれば、
SPSが加わったからといって強化の楽しさの本質は失われていないと思います。

なにが楽しさの本質か?

あくまで私個人の意見ですが、
それは壊れれて0になるか100の物が出来るか、そこが楽しみなのです。
90台からの仕上げの時は震える手を抑えながら、深呼吸しながらクリックしています。

それで壊れれた心底悔しいし、できれば安堵します。
それが楽しいのです、そこはSPSが導入されてもまったく変わりません。
あの緊張感からくる心臓の高鳴りはとても苦しいけどとても楽しいのです。

そういったものが失われないがぎり武器強化の楽しさが失われたとは言えないと思います。


唯一『名匠秘伝』、あれだけは、そういった所を通過してしまうものですから個人的には否定的です。
ただ、あったら使うのが人間の性ってもんですよねw
(私もそれで100愚者や100カッツをつくりましたしねw)

完了


これで、しばらくは強化物はお休みになるかな。
(気分次第でなにか量産するかもしれないけどねw)

やり遂げた感じはあるのですが、何か物悲しい気もします。
なので一先ず完了とさせてもらいます。
[一先ず完了]の続きを読む
2012/02/11(土)16:54
まぁ、ザギ子の方で揃えたので流石に2キャラ揃えるのはアレだよねw
と思って揃える気がなかったんですが、
前上げた記事の通り一番面倒なやつが手に入ってしまったので、
「まぁ、後は適当にやればそろうべなー」な感じだったんですが、
やはり揃えたくなるのが人のサガ・・・

全部手に入れてきたよ!!

人知1


でも、同じやり方だったら面白くないので、できるだけ前とは違った方法で入手してきました。
うん、本当はほとんど埋まってなかったから収奪がメインだけどねw
[One more time]の続きを読む
2012/02/10(金)20:59
さて、肩透かしっ!w

まぁ、ちゃんと記事は書いてあるので、書き溜まってる記事を放出していく過程で放出しますよっと。
といっても今回も収奪ネタです。 やめられない止まらない。


今回フレと(というかtwitterつながり)放浪神エシュの魔酒の収奪をしてきたのですが、
追加情報を掲載しようかなと。

大抵ギニア湾でやるのでしょうが、一箇所だと奪い合いが大変なので
黄金海岸でも沸くよって事を確認しにいきました。

[放浪神エシュの魔酒(黄金海岸編)]の続きを読む
2012/02/08(水)02:18
ドガリーヌ

白貂毛ドガリーヌが手に入ったんですが、
色々と詳細な情報を公開していいもんなんでしょうかねぇ?

まぁ、今はそんな浪漫もない時代ですし出してもいい気がするんですが。

2012/02/04(土)22:59
まぁ、書くほどの事もないメモリアルですが、
一応1個だけ収奪品があるのでそこらへんだけだけどw

ほとんどは冒険クエなどで簡単に手に入るものですね。


地理クエで手に入る地理学入門とか航海技術入門、
生物関係なら化石図鑑とか動植物図鑑、海洋生物図鑑。
美術なら絵画鑑定術、油彩技術の歴史。

各種クエや地図なんかの拾得物で手に入るものなので、
普通に冒険クエをやっていれば殆どが手に入ります。

唯一手に入らないのが操船技術入門です。
[冒険者の入門書]の続きを読む
2012/02/03(金)20:48
高い性能を誇る服が手に入るにしては随分楽に揃う部類です。
もう一方のNo2からしたらかなり楽です。

なぜなら、殆どのものがイベントで配布されるロットからでる
コレに尽きますね。

サンクスロット・プレゼントロット・アニバーサリーロット等の
イベント関係で配布されるロットから大半揃っちゃうんですよね。
(航海者功労特典とうい名の課金ポイントでも交換できますが・・・)

ロットででないのはアテネの聖木と大獅子の牙放浪神エシュの魔酒の3つかな?
(アテネの聖木は過去のロットでは出た。)

それもエシュ以外は沈没船ででるので、シップレクハンター取るまでには出るんじゃないかな?
でもある意味運便りなんで、はまると一番悲惨なのかもしれません。
(沈没船地図はうp毎に取引価格上がっていきますよね・・・)

まぁ、普通は出なきゃ獲りにいけばいいんだろうけど、
オスマン国籍だと大獅子の牙は沈没船以外では入手不可能なので
沈没船から始めるのが吉かな。

以下、各種アイテムの入手方法と収奪したものを列挙。
[人知を超越した力(No.1)]の続きを読む
プロフィール

albrechtdurer

Author:albrechtdurer
大航海時代Online Astraios鯖でのんびりまったりドMな生活をしていますw

ゲーム内の物をモチーフにしたシルバーアクセサリーを作ったりもします。(かなり稀なので期待はしないでw)

レザークラフトもはじめました。ってか最近こっちがメイン。

コメントする際にはスパム対策のためにhttp://やメールアドレスなどの文字列はNGワードなっておりますのでご注意ください。

またこちらの判断でスパムや不快なコメントと認識した場合削除する事もすることがあるのでご了承ください。

大航海時代 Online著作物利用規約

 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。 (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.  

最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
 | ニュルンベルグの芸術家 ZweiTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。