大航海時代Online Astraios鯖で日々ウロウロ
2017/01/10(火)20:00
前提
・カテは補助的に使用し、基本はトレード不可の発注書を購入&使用。
・上げる方法はその場買い、その場売り。
・大学スキルはカテゴリーに合った購入額返還1&2、取引補助1&2。
・アルヒミスト・パルト装備、かつできる限りブーストする。
・上げる時は雷神のお守りを使用。

・カテ2系は全体的に上げやすかった印象。


酒類取引
お勧め港:ボルドー(2種)、ロンドン(2種)、ポートロイヤル(3種)
発注書:オスロ~コッコラ間 4万


英国籍ならばボルドー≒ロンドン(ロンドンのほうが2個位少ない)、他国籍ならばボルドー一択。
3種類あるポートロイヤルは一見購入量が多そうだがテキーラ、ブランデー、ラム酒なので購入量は実際には少ないし原価が高めなものばかりなので入場料込で考えて赤字が大きすぎる。

発注書は高めだが、ボルドー、ロンドンどちらで上げていてもオスロまではそう遠くはないので利用した方がよい。



嗜好品取引
お勧め港:サンティアゴ(4種類) ヒバオア(4種)
発注書:サンフランシスコ 4万

発注書の場所的にサンティアゴを利用することが最善になるが単価が高いもの(パイナップル、チクル等)が含まれるので相場を気にしないと思わぬ出費になるので注意。
(そして案外嗜好品の相場の動きは早く、170%位まであがる。)

発注書は以前ならグレートブレーンズからの馬車のみで発見していないと利用できなかったので遠かったが、今は横断鉄道があるので誰でもシスコまでの往復は楽になったので利用すべし。
(嗜好品自体用途があまりないのに、発注書は高い気もするがそれは考えてはいけない。)



染料取引
お勧め港:ポンディシェリ(2種)、カンディア(2種)、パタニ(2種)
発注書: モザンビーク~モガディシオ間(タマタプも含む) 2万

近場なのでカンディアを選ぶかもしれないが、貝紫とペルシャンベリーなので単価が高い上に購入量は少ないので選んではいけない。
発注書の供給場所を考えてもポンディシェリに行った方が購入量も多く単価も安く相場に左右されずに上げられる。
(タメリックとインド藍は食料品並みに安い。)

発注書がカテ1並みに安いのはうれしいが、取引自体の利用価値があまりない・・・。



鉱石取引
お勧め港:ハンブルグ(4種) リューベック(4種)
発注書:タコマ 6万

港はどちらも大差はない。名誉市長や相場など条件がよい港で上げればよい。
発注書が高い上に微妙に遠いので枚数に余裕があるならばここはカテ2を使ってしまっても悪くはない。
(大体6~700枚程度でR15までは上がる。)



工業品取引
お勧め港:ロンドン(4種) サンクトペテルブルク(4種)
発注書:アビジャン~ベンゲラ間 4万

英国籍ならばロンドン。それ以外ならばサンクトペテルブルク(要投資)。
4種類あり、購入量も多いので上げやすいが、鉄材や青銅などは単価が4桁に行く事があるので相場には気を付けよう。

発注書は微妙に西アフリカと遠いがカテ2の相場と取引の利用価値を考えると妥当な値段と思える。
枚数はブーストにもよるが大体1000枚位あれば錬成してR15位には戻せる。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://albrechtdurer.blog32.fc2.com/tb.php/408-1cf5c3a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

albrechtdurer

Author:albrechtdurer
大航海時代Online Astraios鯖でのんびりまったりドMな生活をしていますw

ゲーム内の物をモチーフにしたシルバーアクセサリーを作ったりもします。(かなり稀なので期待はしないでw)

レザークラフトもはじめました。ってか最近こっちがメイン。

コメントする際にはスパム対策のためにhttp://やメールアドレスなどの文字列はNGワードなっておりますのでご注意ください。

またこちらの判断でスパムや不快なコメントと認識した場合削除する事もすることがあるのでご了承ください。

大航海時代 Online著作物利用規約

 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。 (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.  

最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
 | ニュルンベルグの芸術家 ZweiTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX